ヒゲを完全にツルスベにする脱毛方法

ヒゲを完全にツルスベにする脱毛方法

ヒゲを完全に無くしてしまうためには、ヒゲ脱毛が不可欠です!!
ヒゲ脱毛と一言で言っても、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛など様々な方法がありますが、ヒゲ脱毛が完了したら生えてこない「永久脱毛」をするには、方法は限られてきます。

 

医療レーザー脱毛もしくはニードル脱毛(美容電気脱毛)は永久脱毛をされています。
施術期間が終了したら、基本的には毛が再生することがないそうです。

 

一方、脱毛専門店やエステサロンで主流で行っている光脱毛は永久脱毛ではないです。
効果に個人差はありますが、脱毛が完了してから数年後には生えてくる事が多いようです。
ヒゲを今の状態よりも薄くしたい!
数年後はまたヒゲをはやしたいかもしれない。という人は光脱毛がいいかもしれません。

永久脱毛の定義

「永久脱毛」というと、一生毛が生えてこない。というイメージがあるかもしれませんが、実際にはNO!です。
日本では「永久脱毛」についてはっきりと定義されてはいませんが、アメリカの米国電気脱毛協会とFDAが作成した定義を転用して使用している事が多いです。

 

米国電気脱毛協会の永久脱毛の定義「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である」
FDAの永久脱毛の定義「脱毛施術を3回以上行った6ヶ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている」

 

「脱毛施術後に一定量の毛が減っていること」が永久脱毛と言えるようです。

「永久脱毛」が行えるのは医療機関だけ??

永久脱毛と定義されている脱毛の施術を行えるのは医療機関だけに認められています。

 

1984年に厚生労働省が「永久脱毛を医師以外は医師法違反」と定め、高い出力で照射するレーザー脱毛や絶縁針を使ったニードル脱毛は医療行為に当たるのです。

 

2001年には「使用する危機を問わず、レーザー光線、またはその他の強い光をあてて毛乳頭を破壊する機械は医師以外が使用することも、医師法17条に違反する」とされたのを受け、日本エステティック振興協会は、「美容ライト脱毛(光脱毛)とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず幹細胞を破壊しない範囲で行う光脱毛をいう」と定めました。

ヒゲのないツルスベ肌にするならレーザー脱毛?それともニードル脱毛??

永久脱毛の定義を見る限り、一生ヒゲが生えてこないようにしようと思うと、レーザー脱毛かニードル脱毛という方法の2択かな?と思いました。

 

レーザー脱毛
レーザー脱毛とは、黒色・または茶色(メラニン色素)に反応する波長のレーザー光を皮膚に照射し、熱エネルギーで毛根細胞を破壊する脱毛方法。

 

毛周期の成長期の毛に対して大きく効果を発揮。毛周期に合わせて定期的に脱毛を繰り返すことが必要。

 

ニードル脱毛
ニードル脱毛は、毛穴に絶縁針(プローブ)を挿入し、電気分解作用を利用して毛穴の奥にある毛包内で水酸化ナトリウムを発生させて毛乳頭や毛母細胞などの発毛組織を破壊する脱毛方法。

 

最も技術が必要な脱毛方法なので医療機関のみでの施術です。

ニードル脱毛と美容電気脱毛の違い

同じく絶縁針を毛穴に挿入して行う美容電気脱毛という方法があります。

 

ニードル脱毛と同じ?と思われがちですが、決定的な違いは電気分解法ではなく、毛穴の奥で高周波を発生させるフラッシュ法と、ブレンド法(フラッシュ法と電気分解法を組み合わせた方法)で行うことです。

 

美容電気脱毛は医療機関でなくても行える脱毛方法で「メンズ TBC」のスーパー脱毛や「ダンディハウス」がブレンド法を採用しています。

レーザー脱毛・ニードル脱毛は痛みが強いと聞くけど・・・

レーザー脱毛やニードル脱毛は、永久脱毛の効果が得られますが、その分かなり痛い!と聞きます。
特にニードル脱毛は、人によっては我慢できず途中で止めてしまうこともあるようです。

 

レーザー脱毛も痛いといいますが、ニードル脱毛ほどではないようです。レーザー脱毛の場合、肌の色や毛の太さも痛みに影響します。

 

レーザー脱毛の特性上、肌の色が濃いかったり、太い毛には強く痛みを感じやすいです。
一方、ニードル脱毛は肌の色や毛の色や太さと痛みはあまり関係はなく、痛みは一定です。

光脱毛では不可能??

痛みは少ない光脱毛では、ヒゲを完全になくすのは不可能なのか??

 

脱毛に通い続けている限りはツルスベを維持できるみたい。
そうするとその分費用もかかるので、、美容電気脱毛は医療機関でなくても行える脱毛方法。
痛みや費用面もトータル的に考えてレーザー脱毛が1番良さそうな気がします。